ピル消退出血

ピル消退出血

 

ピルによる消退出血は生理とは明らかに異なります。子宮内膜が剥がれて出血するのは同じなのですがピルの服用も無く、自然のホルモンの変化で、排卵が普通に起こり受精卵が精子と出会う機会も無く着床も勿論せず、要らなくなった子宮内膜が剥がれて落ちて行くのが「生理」であるのに対して。

 

ピル休薬中に起こる出血は、ピルの働きで排卵が起こりませんので明らかに生理と異なりますね。

 

落とし穴に成りがちなのが、ピルの飲み始めるタイミングによって排卵を抑えられるのに掛かる時間が大きく変わってくる点です。

 

脱線しましたが、排卵制御のタイミングについては、また別のコーナーで述べます。

 

さて、排卵が起きてないのに、何で出血するの?と不思議に思う所ですがピルを服用する事で血中のホルモン濃度が上がります。

 

21日間を飲み切り、休薬に入ると今度はホルモン濃度が低下してきます。そうすると、子宮内膜が剥がれます。「出血」が起こるメカニズムが違う事からピルを服用後に起きるホルモンを管理された状態での出血を「消退出血」と呼びます。

 

 

どちらにしても、望まない妊娠の脅威に晒された人に

 

とっては待ち望んでいた現象だと思います。

 

因みにアフターピルを服用した人に起こる出血も「消退出血」になります。

 

出血に至るまでは本当に人によって違います。

 

ただ、通常は本来の次の生理日までには出血が起こるものです。

 

普通の生理と違いストレスの影響で生理が来ないという事も有りません。個人差で1週間後に

 

来たり、3週間後にようやく来たり。消退出血の起こるタイミングは人によって異なってきます。

 

もし仮に、次の生理予定日までに消退出血が確認出来ない場合は産婦人科を受診しましょう。

 

ピル性病

 

 このキーワード。ピルを飲むと性病に成りやすくなるのかと勘違いするかもしれませんが。

 

そうではありません。ピルに、そんな副作用は有りません。いえ、こう言い切ってしまうと、少し違う気がします。ピルの影響で膣内が酸性に傾き、カンジダ膣炎等の性病に罹りやすいのも確かです。

 

服用した女性、全てが、そうなる訳では無いのですが。ピルの影響でカンジダ膣炎を発症する女性は少なからず居ます。

 

当サイトが伝えたい事は非常にシンプルです。ピルが浸透する一方で性病への感染者が増えている事への危機感です。背景にある問題を調べたのですがピルで万全な避妊が出来る安心感からコンドームの使用をせず性交に及んだ結果、自覚症状の乏しいクラミジア等の性病に感染する男女が増えているようです。

 

HIVの感染者も右肩上がりに増えてるというのも現実です。折角、正しい服用で望まない妊娠への対応が出来てもクラミジアやHIVに感染してしまうのでは元も子も有りませんね。

 

性病は本来、至極シンプルな方法で手軽に防ぐことが出来ます。避妊は、正しい服用の基、低用量ピルに任せ性病感染へのリスク回避はコンドームを正しく着用して

 

 

しっかり行いましょう。どうしてもコンドームを使わず直に

 

お互いを感じたい!という方は事前に性病検査を受け

 

陰性が確認されてからにしましょう。どちらが加害者に

 

なっても被害者になってもシコリが残ります。相手と自分自身を守る為にピルに併用してコンドームの使用を推進します。

 

悩み無用です!まずは自宅で検査してみましょう

 

アフターピル生理

 

 アフターピル服用後、生理が乱れてる!という体験談を時々、目にします。しかし、この現象、想定される現象でそれほど「異常」という域ではありませんので安心して欲しいと思います。

 

結論から言いまして、個人差が有りますが、3カ月程度で生理の乱れが解消されてきます。

 

消退出血が起きた後、2回目の生理が来なくなたり。正しく言えばアフターピル服用後、最初の出血は「生理」では無くて、消退出血なのですが。

 

2回目というか、本来の生理予定日に生理が来ないケースは珍しくありません。

 

人によっては、何か月と言う単位で生理が止まる人も居ます。これには、もちろんアフターピルの服用によるホルモンバランスの乱れも有ると思いますが。

 

あとはピリピリした気持ちで生理を待つ大きなストレスも大きく影響してる可能性が有ります。

 

ですので、例えアフターピル服用後に消退出血を確認してもそこで安心せず、しっかり受診して医師の指示に従いましょう。

 

 

因みにアフターピル服用後、何週間も
経つのに、未だに生理が来ない!
と不安を抱く方が居ますが、アフターピルの服用が排卵の後だと消退出血が現れるまで、数週間を要します。

 

ただ、本来の生理予定日より消退出血が遅れる事は通常有りません。正しく服用していても稀に失敗するケースも報告されてますので、自己判断はせず、受診しましょう。

 

また、アフターピル服用後の生理周期の乱れが気になる方も受診してケアして貰いましょう。

 

ホルモン注射で劇的に改善するケースも有ります。

 

ピル消退出血早い

 

 皆さん、ピルの消退出血が予定より早く来た!なんて事、ありませんか?私はあります。

 

休薬期間の初日に来た!とか、そういう次元ではないんですよね。実薬を服用中に出血が始まってしまうんですよね。

 

消退出血っていうのか不正出血っていうべきなのか。避妊に失敗した記憶も無いし、何だろう?と思いながらも、拭いきれない不安で着床出血だったら?!と気に成りすぎて、受診してしみましたが。

 

結果、妊娠も、勿論してなくて、何らかの理由で子宮の中の厚さを維持する力が弱まって、微量な不正出血が続いてるとの診断でした。

 

 

対処法として、中用量ピルの服用で出血を起こさないようにされました。

 

因みに私は実薬服用の前半から出血が有ったので、このように中用量ピルでという対処法に成りましたが。

 

実薬服用の後半の方でこのような現象が起こる場合は強いピルに切り替える・或いは1日2錠の服用で出血を止める処置をします。

 

実薬の服用中、出血が起きるタイミングで処置の仕方も変わってきますので、此処だけの情報で自己判断でピルの種類を変えたり多く飲んだりという事は避けてください。

 

自己判断での対処法は、かえってホルモンバランスを崩し状況を悪化させる可能性が非常に高いです。

 

私の場合は、こういう対処法を先生が施したという一例です。ホルモン状況は人それぞれ、千差万別。ちょっとした刺激で崩れやすい物ですので。必ず産婦人科を受診して医師の指示に従ってください。

 

ピル消退出血痛み

 

 耐えがたい生理痛。PMS、望まない妊娠を避けたい。様々な理由で私達女性はピルの服用を考えます。

 

ピル休薬中に迎える消退出血。この際、普通の生理痛より、痛みは軽減されると聞きますが。

 

 

調べて行くと、変わらず痛みが持続してる!というユーザーさんも居る事が判りました。気に成り早速調べてみました。

 

まず、そもそも、出血が起きる際の痛みの原因はどこにあるかと言う点から述べて行きたいと思います。

 

酷い生理痛と切っても切れない関係にあるのが、余り聞きなれないかもしれませんが「プロスタグランジン」という物質なんだそうです。この物質、子宮を収縮させるのに必要な物質らしく、悪者ではないらしいのですが。

 

収縮して内膜を剥がそうとするとこの物質が増えるそうです。この物質が増えすぎてしまうと強い痛みに繋がります。この物質が増えすぎないようにするには、どうしたら良いのでしょう。

 

そこで有効的と考えられてるのがピルなのですが。ピルには、子宮の内膜を適度な薄さに維持する働きが有ります。少しの内膜を剥がすのであれば、プロスタグランジンは、それほど要する事も無く必然的に痛みの要因物質が抑えられるので出血の際の痛みの軽減につながる訳なのですが。

 

この物質が抑えられるから必ずしも痛みが軽減するという訳では無く、子宮頸管が狭い場合等はピルを服用してても、痛み軽減の効果は得られないという事が判りました。

 

その他、避妊以外の総ての症状が思惑通りに改善しない等有る場合は、医師に相談の上ピルの種類を変えてみる事も視野に入れてみましょう。